怒涛の剣 ボーナス確率・機械割

ミズホのパチスロ新台、「怒涛の剣」の確率関係が
判明したので投稿します。

-----以下引用(引用元・パチスロ5号機に関する考察
パチスロ 怒涛の剣 より引用

怒涛の剣 / ボーナス

青7BIG:払い出し枚数が430枚以上で終了。純増約308枚
赤7BIG:払い出し枚数が430枚以上で終了。純増約308枚
シーザーチャンス:払い出し枚数が150枚以上で終了。純増約107枚
各ボーナス後のバトルゲーム突入期待度
青BIG後:50%
赤BIG後:20%
シーザーチャンス後:12.5%

怒涛の剣 / バトルゲーム(ART+RT)

押し順ナビ(ART)による特殊リプレイ
(ベル・リプレイ・リプレイ)入賞で20GのRTに突入。
1Gあたり純増枚数約0.6枚。 
バトルゲームの最大継続率は99%。

※99%当選時はフリーズを伴い1/21845の確率

突入条件は、通常時orBIG中 or シーザーチャンス中での
押し順ナビ(ART)の獲得。
終了条件は、継続抽選での転落

怒涛の剣 / 機械割

設定1 97.9%
設定4 102.8%
設定6 109.5%
設定H 112.3%

怒涛の剣 / ボーナス確率


設定1 1/455.1
設定4 1/431.1
設定6 1/409.6
設定H 1/381.0

<シーザーチャンス確率>
設定1 1/712.3
設定4 1/712.3
設定6 1/712.3
設定H 1/712.3

<ボーナス合成確率>
設定1 1/277.6
設定4 1/268.5
設定6 1/260.0
設定H 1/248.2

確率関係をパッと見て感じるのは、
BIG確率にそれほどの設定差がないのと、
シーザーチャンスにいたっては全設定共通。
お世辞にもボーナス確率は高いとは、言えませんが
ARTがどの程度のものかにもよるでしょう。

最高設定での機械割112.3%は、
99%のART継続率を引いた場合も
含んでいるのであれば辛い機種でしょう。
含んでいないことを期待しましょう(笑

2008/08/27

-----

怒涛の剣

-----以下 パチスロ5号機に関する考察 より引用-----

アルゼグループであるミズホから出される
パチスロ新台「怒涛の剣」(ドトウノケン)。
なんとこの「怒涛の剣」、プレミア役である99%継続率を
持つARTを搭載し、
もしひいた場合の平均獲得枚数は、約7,000枚!

瞬間的な出率では、間違いなくパチスロ5号機最高となる
機種といえるでしょう。
どの程度の確率なのかは、現在のところ不明ですが
平均7,000枚ということは、
ひき次第で万枚オーバーも普通にありえるということでしょう。

怒涛の剣


機種の詳細については、次の機会として・・・
まずこの「怒涛の剣」の一撃7,000枚に関して保通協検定の段階で
プレミア役をひいてしまった場合は、
間違いなく「差し戻し」となりますよね。
要は、この「怒涛の剣」、保通協での試打の段階では
プレミア役は引けなかったので規定の範囲の出玉率におさまって、
結果としてリリース可能になったのでしょう。

検定時の試打数は、17,500Gなので多分

1/30,000〜50,000前後

の確率ではないでしょうか?
ということは、10台シマがフル稼働して
1台/1日ひくかどうかという確率ですかね?

パチスロ5号機最大のプレミア役を持つ「怒涛の剣」ですが
プレミア役以外の部分の確率が気になるところですね!

-----

アレックス7R

アルゼのパチスロ、アレックスですが
アルゼの公式サイトの動画を見る限り、サブリールである
一番大きなリールで消灯やフラッシュを見事に再現しており
期待できそうな予感。
リプレイハズシを搭載しているのも話題性有りですね。

しかし内部設計は、相変わらずの4段階設定で
最高の設定Hで106〜110%のようです。
ボーナス確率は、設定HでBIGが1/292、REGが1/442 合成で1/176。
ボーナス後のRTが無いにもかかわらず(天井のみ)、
この確率は、正直辛いイメージですね。
この辺が不安材料です。
5号機のジャグラーシリーズの確率配分は絶妙ということですね。
少しは、アルゼも北電子を見習って欲しいものですが・・・

アレックス7R

---以下 アルゼ/アレックス 製品紹介より引用---

【初代アレックス完全復活】
レバーを叩いたときの期待感、第1ボタンでの予測、
第2ボタンでの推定、最後の第3ボタンを押すまで
「アツさ」を演じた「アレックス」が5号機で帰ってきた。
更に、ビックリール・4thリールを搭載することで
新たなパターンを作り出し、可能性は無限大に広がった!
予測しながら一打一打を楽しみ、自分だけの確定パターンを
見つけよう!

【リプレイハズシ機能搭載】
4号機時代、パチスロ技術介入ブームを起こした要因の
一つである「リプレイハズシ」が復活!?
成功すれば音とフラッシュで祝福してくれる。
ホールで己の力を見せ付けろ!

【新機能「押し順ナビ」搭載】
5号機でまさかの「押し順ナビ」を搭載。
ボーナス中の押し順ナビの有無が払出しに直結し
獲得枚数に差が!?現行機種の中にボーナス中の
押し順ナビ機能を搭載し、出玉に即反映する機種は他にはない。

---以上 アルゼ/アレックス 製品紹介より引用---

アルゼの新台

アルゼの新台 コンチネンタル5 登場!

アルゼファン待望のコンチネンタルシリーズが

5号機になって甦る!

進化したART「コンチラッシュ」は、1G当たり2枚増!

200Gの完走型RT(ループ率約67%)で、約400枚獲得!

・・・失礼しました、以上は私の願望です。
そのような機種は、今のところリリースされる予定はありません。
全くの未確認情報です、というか私の願望(妄想)です。

赤ドン以来まったく目立った動きのみえてこないアルゼですが
ファンは、往年の名機のリメイクを今か今かと待ってます。

せめて、デジハネで「センチュリー21」を出して下さい。←しつこいか?(笑
アルゼがデジハネを出さないのは、かつての日産自動車が「軽」を出さなかったのと
同じような、プライドなんでしょうかね。
頑張って欲しいものです。。。。
タグ:アルゼ 新台

赤ドンと最近のアルゼ


アルゼの
赤ドン 

赤ドン

そろそろホール登場でしょうか。


設置的には、やはり最近のアルゼの機種同様の動きを見せるのでは?

と思ってます。 要は「厳しい」ということですね。

まず、何が「厳しい」か?


●液晶がデカすぎ!

パチスロの魅力は、液晶ではなくリールとリール制御!最近のアルゼは、この点を忘れてますね。


●液晶のつくりが基本的に3Dはダメ!

パチスロの液晶は、絶対に2Dにすべき! 
打ち手にとって、必要以上に豪華な液晶は、「当たらなそう」というイメージ。
3Dの液晶はスピード感に欠ける。サミーの液晶を見ればわかりますがほとんど2Dですね。
出来ることなら、演出は、ドット表示にすべき!
打ち手は、チンケな台ほど「当りそう」な気がして、打ち込むもの。(当然人にもよりますが)


●設定は、キチンと6段階付けるべし!

アルゼでは、設定数を少なくするのは、検定を通しやすくして
5号機という枠の中でギリギリの確率を攻める為の措置と言っているが

「何を寝惚けたことを!」


「リンかけ」に設定が4段階しかない?

「スパイダーマン2」には、設定が2段階しかない?

アルゼほどのメーカーがなぜ、そんな訳のわからないことを言うのか

まったく意味がわからないですね!

プレイヤーは、打ちながらその台の設定を推測することが楽しみの要素なのです。

それを設定が2段階しかないのでは、どうやって楽しめというのですか?

もっと、打ち手側の視点に立った機種開発をすべきです。


アルゼは、永きに渡り

パチスロメーカーの頂点にいたのです。


これを忘れてはいけません。

これを、忘れて他のメーカーや、流行に流されて最近の機種と同じような台を

次から次へと垂れ流していては、サミーに買収される日も近いでしょう。

なぜ、ボーナ合成1/130位で
センチュリー21 のリメイクをつくらないのでしょうか?


センチュリー21
センチュリー21
旧:瑞穂製作所(現:ミズホ)が発表した、2−2号機、1989年4月リリース。
        

但し、今の筐体では、全然ダメ!もっとパチスロ本来の筐体に戻さないと。

・・・というより、


ユニバーサル時代の筐体を手本にして

新しい筐体をつくるべき!



クランキーコンドルの5号機が出ると聞いたときは、胸が躍りましたが

あの流行?に流された液晶は、まずかった・・・

液晶がどうとかマーケティングとか細かなことではなく、パチスロの原点に返った

強力な機種の投入を待ち望みます。



・・・アルゼが昔の勢いを取り戻し、パチスロ業界に活気が戻ることを望むが故の苦言でした。

「赤ドン」情報


赤ドン(アルゼ)


2007年12月より導入開始予定

スペック詳細など判明しましたのでお伝えします。

最高設定Hの機械割は、118%!

準最高設定でも、111%。

アルゼ巻き返しの一歩となるのか?

赤ドン

赤ドンの「機械割」
機械割
設定1  95%  
設定4  103%
設定6  111%
設定H  118%
*4段階設定

BIG:465枚を超える払出で終了(純増約370枚)+CZ
*REG非搭載



赤ドンの「CZ(チャンスゾーン)」
突入条件:ボーナス後、ART終了後
終了条件:チェリー入賞(3種)

ベル入賞でART。
チェリー入賞を避けるチェリーナビはBIG中に獲得できる。
ナビがある場合はナビされたドンと違う色のドンを狙う。
ナビがない場合は勘でハズす。



赤ドンの「ART」
突入条件:CZ中にベル入賞
終了条件:規定G数消化、ボーナス成立

33G、1セット。  純増は、約1枚/1G。
終了後は再度CZへ移行。



赤ドンの「天井」
BIG後、1200GのハマリでCZ(実質ART)。



「赤ドン」のBIG中演出
ドン、葉月、親方から選択可能。
チェリーナビ獲得時の告知が異なる。
チェリーナビは1回の獲得で複数獲得できる可能性あり。


BIG確率などについては、わかり次第掲載します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。