キングガッパ

キングガッパは、アルゼグループであるエレコから
「リーチ目発見スロガッパ」の兄弟機種として2008年5月に
リリースされました。

機械割が若干上がった以外は、基本的に演出などは
リーチ目発見スロガッパと同じ。
あきらかに、ヤマサのパルサーシリーズを意識した
つくりですが、どうなんでしょうか(笑


キングガッパ

確かに、過去の大ヒット機種であるクランキーコンドルも
そもそもは、山佐のニューパルサーの焼き直しともとれましたが
それが、以前のアルゼ王国の始まりだったわけで・・・

しかし、今更パルサーシリーズを模倣したところで
ヒットが狙えるかどうか・・・ 有り得ないと思いますね。
なぜ、アルゼ自身の過去の銘機をリバイバルさせないのか?
いい機種がいっぱいあったんですけどね〜 

キングガッパ解析値

キングガッパの機械割
設定1 97.8%
設定4 102.5%
設定6 107.1%
設定H 113.1%

キングガッパのボーナス確率

設定1 1/295
設定4 1/278
設定6 1/254
設定H 1/228


設定1 1/410
設定4 1/364
設定6 1/324
設定H 1/235

<ボーナス合成確率>
設定1 1/172
設定4 1/158
設定6 1/143
設定H 1/127


BIG後、1000G消化または、カッパチャンス後800G消化で
天井RTに突入。設定変更後も前日のG数を引き継ぐ。

2008/06/20
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

アルティメットブレイク拳

アルゼマーケティングジャパンがミズホブランドの
パチスロ新機種「アルティメットブレイク拳」を発表した。

アルティメットブレイク拳

大型液晶搭載のX筐体採用し、通常時、RT中はプレイヤーが
キャラクター選択可能な参加型のゲーム性を実現。
また映像の変化から信頼度を察知するなど
液晶がリーチ目の役割も果たしている。

RTは特定役を契機に突入し、通常時からも突入に期待の
持てるタイプで1ゲームあたり純増約0.5枚、
30ゲームワンセットの完走タイプ。

ボーナスとRTの合成確率は、破格の約1/90となっており、
常に期待感を抱かせるゲーム性に仕上がっている。

ビッグの獲得枚数約312枚、
パンチングチャンスの獲得枚数は約108枚となっている。
出玉率は最高設定である「設定H」で約112%。

2008/05/20
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

青ドン PV


今更ですが・・・ 青ドンのPVです。

個人的な話ですが最近、携帯電話の機種変更をしました。
もちろん、着うたはミリオンゴッドの各種サウンドを
シャッフル設定してます^^

新らしい携帯で再生すると驚くほど音質が良いので
しみじみと聞き入ってしまいました。。。

特にG-ZONE中の曲は、何とも緊張感があり最高です!

今のアルゼに、あの頃の面影が見れないのが非常に残念ですね〜
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

リーチ目発見!スロガッパ

アルゼパチスロ 新台「リーチ目発見!スロガッパ」です。
この機種ですが何というか・・・ 山佐を意識した機種ですね〜
カッパがカエルを食うかのように見えるパネルが
何とも山佐に対する対抗意識を感じさせるつくりになってます!

リーチ目発見!スロガッパ
ある程度、話はしてあるのでしょうが、
大丈夫なのか少し心配になります(笑
「スロガッパ」のロゴも、モロにキンパルシリーズを
意識したロゴです。
しかし、まあその辺はご愛嬌ってことなのでしょう。 

早く、この「リーチ目発見スロガッパ」を
実際に打って見たいですね!

リーチ目発見!スロガッパ ボーナス確率
       BIG   REG    合成   機械割
設定1  1/295  1/410  1/172  99.1%
設定4  1/280  1/368  1/159  102.1%
設定6  1/260  1/331  1/146  106.1%
設定H  1/237  1/301  1/133  110.9%
*4段階設定

2008/03/20
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

サクラ大戦

サクラ大戦は、パチスロ4〜5号機への移行時期である
2005年10月にエレコから出された機種です。

まだ4号機が多く設置されていた時期でのリリースだった為
稼動的には、厳しい状況でしたが設置は、結構見かけました。

サクラ大戦

BIGは2種類で、赤7(スーパーBIG)は、純増約370枚。
青7(ノーマルBIG)は、純増約270枚。

設定は、1と6の2段階設定。

サクラ大戦 ボーナス抽選確率

設定1
スーパーBIG 1/668 ノーマルBIG  1/668(合成確率 1/334)

設定6
スーパーBIG 1/564 ノーマルBIG  1/564(合成確率 1/282)

REG確率は、設定1が1/873、設定6が1/819。

この頃のアルゼの5号機パチスロの特徴である
「2段階設定」は、プレイヤーから多くの不満の声が聞こえていました。
ちなみに機械割りは、設定1で97.3%、設定6でも103.8%でした。
5号機時代に突入し、暗中模索していたアルゼの様子が
この機械割りからも感じ取ることができます。

posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

赤ドンの近況

アルゼ赤ドン、稼動の方は、予想以上に好調(・・・失礼)です!
やはり一撃の出玉感が魅力なのでしょうか。
某所では、17000枚を記録したなどの話も聞いていますので
設定Hでツボにはまれば・・・ というとこでしょう。

私の場合は、いつも天井→単発のツボにハマッてしまうので
複雑な心境なのですが、とりあえず赤ドン人気が相変わらず持続しているようなので
アルゼファンとしては、嬉しい限りです。

しかし、なぜアルゼはデジハネを・・・  今日はヤメときましょう(笑
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

赤ドン 情報

赤ドン


前回の記事で、赤ドンアルゼに関して少々辛口の意見を書きましたが、
実際アルゼの新台「赤ドン」を打ってみると今までのアルゼの5号機パチスロの中でも、
かなりよくつくられている部類に入ると感じました!

実際のところ、予想に反して(失礼!)稼動もかなりよいですね!
ホールでも大量導入(1〜2シマ)しているところが多いようです。

この赤ドンを機に、アルゼ王国の復活が見られるのでしょうか?


赤ドン

まず第一に赤ドンの出玉のスピード感は、5号機でもトップクラス!といえます。
ボーナスとARTの連鎖により、一撃2,000枚程度の出玉はザラに見られます。

そんな、赤ドンの詳細情報がみえてきたので掲載します。

【赤ドン ボーナス確率(BIGのみ)】
設定1 1/431.2 
設定4 1/399.6 
設定6 1/372.4 
設定H 1/348.6

※ある程度、予想はしていましたがやはり結構キツイですね
あの一撃の出玉感を出す為には、仕方のないことなのでしょう・・・




【赤ドン 機械割】
設定1 95%
設定4 103%
設定6 111%
設定H 118%

赤ドンの一番の、謎な部分は「ナビポイント」に関する部分でしょう
ドンちゃんタイムが100連以上したという話も聞いているので
上乗せや、プレミアムポイント的なものも存在すると思われます。

ナビポイントの詳細に関しては、わかり次第掲載します。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

デビルマン

デビルマン <2005年10月>

デビルマン

このデビルマンは、アルゼの第1弾、5号機パチスロ。(ELECO名義)

設定が1と6のみしか存在しないという、なんとも大胆な基本設計が物議をかもしました。



アルゼ側の言い分としては、基準の厳しい5号機パチスロの検定を通しやすくするための措置、

とのことでしたが機械割りが、設定1で97.0%、設定6でも103.0%という

打つ側からすれば、「打つ意味が無い」とも言える設計値では、設置、稼動ともに伸びるハズもなく

実際の稼動状況も惨憺たるものでした。(まだ4号機が存在していたという理由も大きいでしょうが)

アルゼ側としても、最高設定で機械割り103%というのは、不本意であったはずです。

やはり、5号機の規則でパチスロ機をつくるのが初めてということもあり、かなり試行錯誤したのでしょう。



スペック的には、

BIGは、純増 約300枚、REG純増 約100枚。

BIG後は必ず100Gのデビルゲームと呼ばれる、完走型RTに突入する(純増 約80枚)。

小役同時抽選を搭載。



上のスペックを見ると、BIG純増300枚、100Gの完走型RT とスペック的には

劣っていないような気もしますが、いかんせんボーナス確率がキツ過ぎました。

BIGが設定1で1/426、設定6で1/368

REGが 設定1で1/1365、設定6で1/1024

したがって、1000ハマリも結構当たり前に、くらったりします・・・

その上で、最高設定の機械割り103%。

これでは、打ち手としては、恐くて手がだせないでしょう。


機種としては、失敗に終わった「デビルマン」でしたが、5号機の始まりの時期に、

様子見に徹せず果敢に攻めるアルゼの姿勢は、高く評価されるべきでしょう。

posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

今日の1枚<ゲッターマウス>

夕方6時過ぎに、フラっとホールに入ると、総回転数1900回、BIG9、REG8で

REG後420回転で捨てられている台を発見!

「コレは!」と思い、すかさずゲット。。。



すると、1,000円で・・・・


ゲッターマウス・画像


結局、なんだかんだでBIG4回と、REG5回引いて飲まれてしまいましたが

つくづく、ほんとうに良く出来た台だと思いました。



リールの絵柄デザイン、サウンドどれをとっても、「これぞパチスロ!」といった感じですね。

大英帝国発祥、エレクトロコインジャパンの血筋は、決して伊達じゃないですね!

欲を言えば、

●もう少し、チャンス予告演出を増やしてもよかったのでは?

●ミニリールの役構成が、もう少し直感的に把握できるとよかった。

などありますが、全体的には、とてもよく練りこまれた台だと感じます。


こういった、シンプルな液晶の付いていない台を作らせたら、アルゼの右にでるメーカーは

ありませんね! 青ドンと、赤ドンは、ホントに残念・・・
タグ:パチスロ
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼの5号機

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。