アルゼのカジノ

パチスロメーカーとしての認知度が高いアルゼですが
海外での活動も積極的におこなっています。
そのうちの一つが Wynn Resorts, Limited(ウィン・リゾーツ社)への出資。

ウィン・マカオ

※アルゼの手がけるカジノホテル 「ウィン・マカオ」(画像をクリックで拡大表示)

Wynn Resorts, Limited(ウィン・リゾーツ社)とは、
世界的に有名なカジノホテル王であるスティーブ・ウィン氏が代表を務める会社で
アルゼは、この会社に出資しており、アルゼの持分法適用海外関連会社となっています。

----- 以下引用

ウィン・マカオについて

「ウィン・マカオ」は、敷地総面積約65,000平方メートル、ホテル客室数600室。
テーブルゲーム220台、スロット機380台を設置した約10,000平方メートルのカジノスペース、
プール、スパ、ショッピングアーケード、多彩なレストラン、会議室等を揃えた
マカオ初の本格的ラスベガススタイルのカジノです。
9月6日は、第一次オープンであり、初日から予想を上回る大盛況でした。
来年3月には拡張工事を施したグランドオープンを控えています。

ポルトガルから中国へ返還されたマカオ。
そのマカオが過去を脱却し、新しいマカオの基軸となるカジノ運営を、
外資企業も招きいれて行う決断をしました。
選定された企業はわずか3社になり、その厳しい条件をクリアした1社がウィン・リゾーツ社です。
マカオはカジノ市場として目覚しい急成長を遂げており、
その規模はラスベガスを凌ぐといわれております。

この度の「ウィン・マカオ」のオープンはこれからの生まれ変わったマカオの象徴となるだけでなく、
カジノホテルとして成功することは疑う余地のないものと考えます。
「ウィン・ラスベガス」に続き「ウィン・マカオ」も世界の魅力的なカジノとして
新しい時代を築いて行きます。

当社は、今後もウィン・リゾーツ社の共同事業者として積極的にカジノ事業に参画してまいります。

----- 引用(引用元は、コチラ
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼのカジノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。